Body Decoration

ボディピアスの良さについて

ボディピアスの良さについて ピアスをしてお洒落をすることはとても楽しいことです。
お店でピアスを見かけたらついつい買ってしまいます。
しかし、普通のピアスは落としやすいばかりかアレルギーの面でも心配でなかなかお洒落を楽しむ気分にはなれません。
そこでお勧めなのがボディピアスです。
ボディピアスはその多くが安心素材であるサージカルステンレス製です。
またねじ式なので取れにくくなっているので落とす心配もありません。
なお素材としてサージカルステンレス製が多く使われているのは、ボディピアスを清潔に保てるからです。
このため、ピアスホールへのダメージも少なくて済むということです。
またステンレスよりもさらに腐食しにくい金属に表面加工を施しているためより安全です。
医療器具にもこの素材が使われており、人体に触れても大丈夫なので、金属アレルギーの人でも使える優しい素材なのです。
水や血、また傷にも強いので入浴中も外さずそのまま入っても錆びる心配はありません。
ただボディピアスは製品によってゴールドのものがあるのですが、これはステンレスの上からコーティングされていることがあるので、シルバーもしくは軸のところがシルバーのものを購入すると良いでしょう。

ボディピアスのサイズや形状について

ボディピアスは、耳はもちろん、ヘソや口、鼻、下、眉毛などに付けられるものです。ボディピアスの形状や素材は様々で、付ける部位に合ったものを選びます。
素材は、耳に付けるピアスとは異なり、ずっと付けたままでいられるステンレスで出来ています。
ステンレスの中でも、特に腐食しにくい素材の物に、表面加工を施して、さらに安全性の高い、人体に優しいものに仕上げています。
また、傷に強くて錆びにくいので、入浴しても安心です。
例えば、ストレートバーベルと言う形状は、耳の軟骨部分や舌などに適しています。
バナナバーベルは、若干カーブしているので、ヘソに付けることが出来ます。
また、サーキュラーバーベルは、リング状になっているので、耳たぶや耳の軟骨部分に向いています。
これらボディピアスのサイズは、ゲージと呼ばれる太さと、内径で表しています。
ゲージは、00Gから20Gまであり、数字が小さくなるほど太くなります。
最も太いものでは、直径2センチメートル以上にもなります。
一般的にボディピアスのサイズは、14Gが基本とされていて、最も安定しやすい太さだと言われています。
しかし、徐々にピアスホールを拡張して楽しむことも出来ます。
拡張には、拡張器を使用します。

Valuable information

ミナミ キャバクラ

難波 風俗 求人

Last update:2018/11/12