Body Decoration

ボディピアスの内径について

ボディピアスの内径について ピアスといえば耳たぶに孔を開けてつけるイヤリングを示すことが一般的でしたが、今やピアスは耳だけの装飾品にとどまりません。
へそ、鼻、舌、指など、耳以外の場所につけるボディピアスも、現在では年齢や性別を超えて広く愛用されています。
ボディピアスの美しさは、ピアス自体の色や形だけで決まるものではありません。
ピアスホールの位置や間隔、深さによっても変わります。装着する部位にあった形状のものを選ぶようにすれば、見目がきれいに仕上がるだけでなく、肉芽などのトラブルを避けることにもつながります。
正しい知識をもって、おしゃれを楽しみましょう。
ボディピアスには大きく分けて、二種類の形状があります。
輪状のリング系と棒状のバーベル系です。
ピアスの内径とは、リング系では輪の内部の直径を、バーベル系ではボールの内側の長さを指します。
内径の長さが、皮膚の中に入るピアスの長さになりますので、ピアスホールにあったサイズのピアスを選ぶようにしましょう。

ボディピアスのゲージとボールサイズ

ボディピアスとは、耳の軟骨や口、舌や鼻おへそなど、付ける部位は様々ですが、ピアス穴ホールサイズによって付ける事が出来るボディピアスは違ってきます。
おもにボディピアスはゲージと呼ばれるピアスホールに通す棒状の部分とそれを止め、ピアスを固定する役割がボールから構成されています。
丸い円の様な形の物や、ボールとは逆の先端にアクセサリーが付いたものなど様々です。
ボールサイズとはこのゲージの太さによって異なります。ボールサイズは直径2ミリから8ミリ程のサイズが主流ですが、ゲージにボールを差し込み、支える事が出来なくはいけないので、ゲージの太さとボールサイズがきちんと合っているか確認が必要です。
二つのサイズがきちんと合っていないと、ピアスを支える事が出来ず、ピアスホールから抜け落ちてしまいます。
ピアスに附属された本来のボールを使う事が一番好ましいですが、別に購入することになった場合などはその事に配慮し、ボールを選ぶ必要があります。

recommend

日本橋 風俗
http://www.g-kiss.net/

Last update:2016/11/10